“くらす”事業

NPO法人リカバリーは、女性や生活上に困難を抱える方たちが安全に暮らせる<サポート>と<場>の提供をしています。

提供サポート

相談室それいゆ(相談支援事業)

施設や病院を出られた(若しくは、出られる予定の)障がいのある方の相談をお受けしています。

地域生活に必要な情報をお伝えしたり、各種機関のご紹介、障がい福祉サービス利用開始手続きのお手伝いなどを通じ、ご自身が望む生活をしていけるよう支援します。

それいゆの利用を開始するために必要な手続きのサポートも行いますので、まずはご相談ください。

場所は「トラヴァイユ・それいゆ」と同じ、エクセレムビルの2階にあります。

リビングサポート・それいゆ(自立生活援助事業)

2021年7月に新しく始まったサービスです。

病院を退院した方、グループホーム等の住居サービスを利用していた方がおひとりで生活を始めると、いろいろな「困りごと」があります。

その「困りごと」の解決をお手伝いするサービスが「リビングサポート・それいゆ」です。

定期的なご自宅への訪問による体調確認や金銭管理、必要な場所(病院や買い物)への同行、緊急時の支援、関係機関との連携など随時の対応を通じて、単身生活をサポートします。

提供の場

リカバリーハウスそれいゆ(共同生活型グループホーム)

「リカバリーハウス それいゆ」は、いろいろな被害の中を生き延びてきた女性たちが、ゆっくりと自分に向き合う場所です。

5LDKの一軒家での共同生活を通じて、自分の課題と向き合いながら、専門的な援助を通じ、“安心できる暮らし”を自らが望む形で実現していくことを目指します。

毎食、栄養バランスのとれた食事の提供や金銭・服薬管理などスタッフによる手厚いサポートがあります。

また、平日はスタッフの当直、休日には巡回もあります。

ステップハウスそれいゆ(独立生活型グループホーム)

1DKのマンションで、援助があれば一人暮らしが可能な女性が対象です。アルバイト就労やデイケア通所などが定着することを目指しています。

※2022年3月を以て閉所となりますので、現在新規の受付は行っておりません。